WordPressのサーバー移設&独自ドメインの設定メモ

ブログ
スポンサーリンク

前提要件

今回は自身のサーバー移設に基づき記事にしました。

  • レンタルサーバーAからレンタルサーバーBへ移設
  • AとBは異なる会社のレンタルサーバーである
  • 独自ドメインはそのまま継続して使いたい

この辺りが要点になります。

 

独自ドメインの場合は、ドメインを発行した会社のサーバーを使うことを条件に、

格安(もしくは無料)でドメインを発行しているケースもあるため、移設できないケースもあります。

移設作業前に必ず確認しておきましょう。

今回、上記の制約は無いものとして解説を進めます。

 

なぜプラグイン無しでやるか

結論、プラグインでは出来なかったから

 

容量の制約か、はたまた別の理由か、

結局のところ原因は特定できませんでしたが、プラグインでWordpressデータを全てエクスポートする方法では、

データをエクスポートすることができず、プラグインを使用して移設することが出来ませんでした。

 

プラグインを使うことでファイルやデータベースを意識せずとも移設する方法も存在しますが、

プラグインに頼りすぎてしまうと、上記のように原因不明で使えないなど、何か問題が起きたときに、どうにもできないという状況に陥るケースもあります。

 

今回採用した移設方法

ファイルをFileZilla(FTPソフトウェア)で、

データベースをphpMyAdminで移設していきます。

プラグインに頼らないながら比較的簡単な方法です。

 

移設元(現在使用中)のレンタルサーバでの作業

データベースのバックアップファイルを取得する

まずはデータベースのバックアップファイルを取得します。

バックアップファイルについてはサーバのコントロールパネル等から簡単に取得することも可能です。

今回はphpMyAdminを使用しエクスポート(バックアップファイルの出力)を行っていきます。

 

phpMyAdminにログインします。ログイン方法やパスワード等は各サーバ側でご確認ください。

ログイン後は画面左側からデータベースをクリックします。information_schemaではない方が、Wordpressのデータを保管しているデータベースとなります。

クリックするとデータベース内のテーブルと呼ばれるデータ保管庫の一覧が表示されます。

「wp_xxxxxxxx」というテーブルが並んでいればWordpressのデータベースを正しく選択できています。

 

次に画面上部のタブからエクスポートをクリックします。

データベース “xxxxxxxx” からテーブルをエクスポート

という画面が表示されます。

特に設定を変更する必要はありません。画面の実行ボタンをクリックするとsqlファイル(バックアップファイル)が出力されるので保存しましょう。

 

これでバックアップファイル=データベースの取得は完了です。

  

FTPソフトでファイルをダウンロードする

次にファイルを取得します。ファイルの取得にはFileZillaというソフトを使用します。

Windows、Mac、LinuxどのOSでも使用可能です。ubuntu使いの私も重宝してます。。。

 

FileZillaを起動するとホスト、ユーザ名、パスワードを入力する箇所があります。

これはFTPという通信を行う相手先を指定する入力欄です。

上記の情報も同じくコントロールパネル等から確認可能です。

 

サーバによってはデフォルトではFTPを行わせない設定になっています。

(ファイルの書き換えができてしまうためセキュリティ上は必要なとき以外は使えないことが望ましい。)

切り替えができる場合はFTP情報の近くに変更ボタン等が用意してあると思います。有効にしましょう。

 

ホスト名、ユーザ名、パスワードを入力しクイック接続をクリックします。

すると右側にファイル一覧が表示されると思います。左が自分のパソコン上、右が接続先(サーバー上)になっています。

自分のパソコン上に1つフォルダを作っておき、その中にサーバー上のファイルを全てコピーします。右側から左側へです。

これで終わり。5〜10分くらいかかることがあります。

 

移設先のレンタルサーバでの作業

sqlファイルでデータベースを書き換える

データベースが作成されていない場合はコントロールパネル、もしくはphpMyAdminにログインしてデータベースを作成しましょう。空っぽで構いません。

 

phpMyAdminから先程同様にデータベースを選択します。

今回はインポートを選択します。

ファイルを選択というボタンをクリックし、先程ダウンロードしたsqlファイルを選択し、画面下の方にある実行ボタンをクリックします。

インポートが完了したらデータベースの移行は完了です!!

 

wp-config.phpの修正

先程FileZillaで取得したファイルの中に「wp-config.php」というファイルが含まれております。

このファイルはデータベースへの接続情報を保持しているファイルで、移設の際には新しいサーバに合わせて修正が必要です。

下記が主な修正箇所です。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'xxxxxxx');   ←新サーバで情報を確認し更新
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'xxxxxx');   ←新サーバで情報を確認し更新
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'xxxxxx');←新サーバで情報を確認し更新

修正したら保存します。

 

新サーバにファイルをアップロードする

FileZillaをもう一度使用します。今度は移設先レンタルサーバのホスト名、ユーザ名、パスワードを入力しクイック接続します。

先程1つのフォルダにコピーしてきたファイルを、今度はサーバーにコピーします。今度は左側から右側へです。

ファイル移行もこれにて完了。残すはドメイン修正!

 

ドメイン設定を修正する

独自ドメインの場合はドメイン設定の修正が3ヵ所必要になります。 

  • 移設元サーバ側のネームサーバで削除
  • 移設先サーバ側のネームサーバで登録
  • ドメイン発行元のネームサーバで修正

各サーバ側やドメイン発行元のコントロールパネル等の画面で、DNS設定やネームサーバ設定といった画面が設けられています。

 

移設元では不要となるため削除、

移設先では新たに必要となるため登録、

発行元では移設元のネームサーバに向けられていた設定を

移設先のネームサーバに向け修正を行いましょう。

 

全ての修正後、最大で24時間かかる場合がありますが、

早ければ1〜2時間で接続できるようになります。

この辺はDNSの仕組みについての長い話になるので割愛。。。

 

まとめ

DNS沼にハマったけど無事に移設完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました