【ドイツGP】MotoGP2019第9戦 Q1Q2予選終了、マルケスが力の差を見せポールポジション。中上はドヴィツィオーゾを振り切りQ2へ!

予選速報
スポンサーリンク

予選結果

RankNoNameBikeTimeTime(FP)
193マルク・マルケスHonda01:20.19501:20.347
220ファビオ・クアッタハッホYamaha01:20.40001:20.515
312マーベリック・ビニャーレスYamaha01:20.40601:20.634
442アレックス・リンスSuzuki01:20.53101:20.679
543ジャック・ミラーDucati01:20.69001:20.891
635カル・クラッチローHonda01:20.85701:20.653
721フランコ・モルビデリYamaha01:20.96401:20.833
844ポル・エスパルガロKTM01:21.02301:21.019
936ジョアン・ミルSuzuki01:21.06101:20.986
1030中上 貴晶Honda01:21.10401:21.125
1146バレンティーノ・ロッシYamaha01:21.13701:21.026
129ダニーロ・ペトルッチDucati01:21.48601:20.867
134アンドレア・ドヴィツィオーゾDucati01:21.10501:21.184
146ステファン・ブラドルHonda01:21.22701:21.443
1541アレイシ・エスパルガロAprilia01:21.31301:21.086
1629アンドレア・イアンノーネAprilia01:21.43301:21.381
1763フランチェスコ・バニャイヤDucati01:21.44601:22.150
1855ハフィス・シャリーンKTM01:21.46501:21.972
195ヨハン・ザルコKTM01:21.63701:21.435
2088ミゲル・オリベイラKTM01:21.68301:21.375
2117カレル・アブラハムDucati01:21.79601:21.832
2253ティト・ラバトDucati01:22.11901:21.611

その他特記事項

ポールポジションを取ったのはマルケス。2位のクアッタハッホとは0.205秒のタイム差をつけます。

しかしマルケスはQ2で現在メインで使用しているアルミフレームマシンでの走行に加えて、カーボンフレームのテスト走行も行った上でのポールポジション。

毎年得意とするコースで余裕の走りを見せます。

 

一方苦しんだのはドゥカティ勢。

Q1スタートとなったドヴィツィオーゾは一時トップタイムをマークするものの、その後ロッシにトップタイムを更新されます。

Q1終了のラストアタックで中上がドヴィツィオーゾのタイムを上回り、ドヴィツィオーゾからQ2行きのチケットを奪取。

オランダGPでの怪我の影響でマシンを降りたあと杖をついた状態の中上ですが気迫を見せます。

 

ドヴィツィオーゾのチームメイトであるペトルッチはQ2からのスタートでしたが、他のライダーに引っ掛かってしまうなど思うようにアタックが出来ず。

怒りを表す場面なども見られる中、タイムが出せず単独クラッシュを喫する形でQ2最下位の12番グリッド沈みました。

 

Moto3では今回、佐々木がポールポジション、鳥羽が2番グリッドフロントロウを獲得。

こちらも明日のレースが待ち遠しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました