【イギリスGP】MotoGP2019第12戦 最終ストレートで大逆転!!スズキのリンスが今期2勝目、結果まとめ。

レース結果
スポンサーリンク

MotoGP2019第12戦。イギリスGP。

決勝レースを順位とともに振り返ります。

決勝レース順位

RankNoNameBikePointTotal
142アレックス・リンスSuzuki25149
293マルク・マルケスHonda20250
312マーベリック・ビニャーレスYamaha16118
446バレンティーノ・ロッシYamaha13116
521フランコ・モルビデリYamaha1169
635カル・クラッチローHonda1088
79ダニーロ・ペトルッチDucati9145
843ジャック・ミラーDucati894
944ポル・エスパルガロKTM768
1029アンドレア・イアンノーネAprilia627
1163フランチェスコ・バニャイヤDucati529
1250シルヴァン・ギュントーリSuzuki47
1355ハフィス・シャリーンKTM36
1499ホルヘ・ロレンソHonda221
1517カレル・アブラハムDucati15
1653ティト・ラバトDucati014
1730中上 貴晶Honda062
41アレイシ・エスパルガロAprilia033
88ミゲル・オリベイラKTM026
5ヨハン・ザルコKTM022
20ファビオ・クアッタハッホYamaha092
4アンドレア・ドヴィツィオーゾDucati0172

レースハイライト

クアッタハッホ、ドヴィツィオーゾがスタートラップでクラッシュ

ホールショットを奪ったのはマルケス。後ろにロッシ、リンスが続きます。

リンスの背後から前を伺おうとしたクアッタハッホでしたが、バランスを崩したリンスを避けるためにハンドルを切るもそのままクラッシュ。

さらにその後ろを走っていたドヴィツィオーゾがクアッタハッホのマシン乗り上げにクラッシュ。

クアッタハッホはクラッシュ後に自力で立ち上がり歩く様子も見られましたが、ドヴィツィオーゾはクラッシュの際に乗り上げたマシンから放り出されるように地面に叩き付けられ立ち上がれず。

マシンも炎上し、ドヴィツィオーゾは担架でコースから運び出される事態。国際映像では運び出された後に、立ち上がる様子こそ見えたものの歩くのが困難な状況でした。

クラッシュ時に打った腰の痛みに加え、一時的な記憶喪失の症状も起きていたということでしたが、その後の検査で大きな怪我は無しと判明。

地元開催となるサンマリノGPには間に合いそう。

マルケスとリンスの一騎討ち、決着は最終ストレート

リンスはレース序盤の内にロッシを抜いて2位浮上。その後はマルケスの背後にぴったりとつけます。 

3位ロッシとの差は開き、マルケスとリンスが抜け1対1のレースが展開されます。

残り10周を切り勝負が動き始めます。ペースの上がらないマルケスの後ろから、リンスが前に出ます。

直後マルケスが抜き返し、再びマルケスがレースリーダーとなりますが、マルケスはリンスを引き離すことができず、コーナーの度に襲い来るリンスをしのぐ展開に。

残り3周を切り両者の差は変わらず、リンスがピタリとつける中、リンスのミスがありバランスを崩し、マルケスとの差が開く場面もありましたが、マルケスは差を保つことができずリンスがすぐさま背後に戻ります。

その後も差し合いが続き、勝負は最終ストレートまでもつれ込みます。

先にコーナーを抜けたのはマルケス、すぐ後をリンスが追いかけます。マルケスはコーナーからそのままアウト側にラインを取りながら加速する中、リンスはイン側に切り替えマシンを加速。

まさしくサイドバイサイド。先にコントロールラインを通過したのはリンス。僅か0.013秒差。

タイヤ1つ分もない一瞬の差で、最後の最後にリンスが優勝を奪取。スズキに取ってもリンスに取っても嬉しい今期2勝目を飾りました。

予選好調ヤマハからはビニャーレスが表彰台、ロッシは惜しくも4位

ロッシは序盤にリンスへ2位を明け渡した後、程無くしてビニャーレスに抜かれ4位となりそのままフィニッシュ。

一方のビニャーレスも最終ラップまでもつれたトップ争いを後ろから伺う位置までつけたものの、時間切れ。

しかし、安定した走りで今期4度目の表彰台へ登りました。

年間チャンピョン争いはマルケスの独走。残り7レース!

今回のレースでは年間ポイントランキング2位のドヴィツィオーゾがクラッシュしノーポイント。

一方でポイントランキングトップを走るマルケスはレースを2位でフィニッシュしたため差を20ポイント伸ばします。

イギリスGP終了時点で78ポイント差と大きくリード。

例えばですが、この先ドヴィツィオーゾが1位を取り続けても、マルケスは表彰台に乗り続けていれば年間チャンピョンは獲得できるという計算になります。

が、ここにクラッシュやリタイアという不確定要素が入ってくると当然話は別。78ポイント差も最短4レースでひっくり返ります。シーズンもいよいよ終盤戦。年間ポイントランキングにも注目。

MotoGPの魅力たっぷりだった今レース!公式映像も

今回は派手なクラッシュから始まり、最終ストレートまでもつれるテールトゥノーズ&サイドバイサイドの展開が続くレースでした。

MotoGP公式映像も出ているので是非。

1、クアッタハッホ&ドヴィツィオーゾのクラッシュ。

Quartararo and Dovizioso #BritishGP CRASH!

2、リンス対マルケス、最終ストレートの決着。

Alex Rins winning overtake on Marc Marquez! | 2019 #BritishGP

番外編、マルケス対ドヴィツィオーゾ集。超個人的お気に入り。

Déjà vu? Dovizioso vs Marquez in last lap battles!

日本人ライダーの結果

中上は9位走行中にクラッシュ

中上はレース中盤でクラッシュ。その後レースには復帰し完走しました。

スタート後は先頭集団でのクラッシュもあり9位まで浮上していたものの、17位でチェッカーを受けました。

ひとまず怪我無く完走できて良かった。。。

次回のレースに期待しましょう。

次回は第13戦 サンマリノGP

次回のレースはサンマリノGP!

9/13(金)予選1日目

9/14(土)予選2日目

9/15(日)決勝レース

コメント

タイトルとURLをコピーしました