【2020年版】MotoGP年間スケジュール発表!日程と注目グランプリまとめ

ルール解説
スポンサーリンク

毎レース熱戦が繰り広げられるロードレース世界選手権、通称MotoGP。

2020年シーズンのスケジュールが発表されました!スケジュール確認と共に注目のコースを紹介していきます。

2020年シーズン全日程表

ラウンドグランプリ決勝レース
第1戦カタールGP3月8日
第2戦タイGP3月22日
→10月4日
第3戦アメリカズGP4月5日
→11月15日
第4戦アルゼンチンGP4月19日
→11月22日
ヨーロッパラウンド開始!
第5戦スペインGP5月3日
第6戦フランスGP5月17日
第7戦イタリアGP5月31日
第8戦カタルーニャGP(スペイン)6月7日
第9戦ドイツGP6月21日
第10戦オランダGP6月28日
第11戦フィンランドGP7月12日
~~~サマーブレイク~~~
第12戦チェコGP8月9日
第13戦オーストリアGP8月16日
第14戦イギリスGP8月30日
第15戦サンマリノGP(イタリア)9月13日
第16戦アラゴンGP(スペイン)10月4日
→9月27日
ヨーロッパラウンド終了!
第17戦日本GP10月18日
第18戦オーストラリアGP10月25日
第19戦マレーシアGP11月1日
最終戦バレンシアGP(スペイン)11月15日
→11月29日

2020年シーズンは全20戦で行われます。

 

追記:2020/3/13

アメリカズ、アルゼンチン、の延期が決定。また延期が決定していたタイの延期日程が決定。

延期に伴い、アラゴン、バレンシアの日程が変更された。

 

追記:2020/3/4

開幕戦のカタールGPはMotoGPクラスの開催中止、第2戦タイGPはMotoGPクラスを含む全日程の延期が決定。

現時点では第3戦アメリカズGPが事実上の開幕戦となる予定。

ヨーロッパラウンドとは

日程表中に書いた用語について少し解説。

ヨーロッパラウンドとは読んで字の如し。ヨーロッパのコースを連続してラウンドする(回る)期間を指します。

第5戦~第16戦の12レースに加えて、最後のバレンシアもスペイン開催なので、全20戦中13戦がヨーロッパ開催となります。

 

ヨーロッパ開催の場合は基本的にスケジュールが同じで、決勝レースは日本時間の21時にスタートします。もちろん決勝前日のQ1Q2予選やFPも同じ日程になります。

何を言いたいかというと、ヨーロッパ開催はスケジュールが安定していて非常に中継を観戦しやすいんです。

海外スポーツは時差等の問題で深夜になることもしばしばですが、ヨーロッパラウンドはその点も安心ですね。

サマーブレイクとは

夏 休 み。

といいつつライダーはテスト走行、チームではマシンセッティングに新パーツ開発や導入などなど、この期間にも様々な動きがあります。

サマーブレイクでライダーのコンディションが変わることもあり、シーズンを左右する1つの分岐点。このサマーブレイク前後のレースも非常に注目です。

注目のグランプリ

2020年シーズン、特に注目しておきたいグランプリをピックアップ!このレースは是非チェックしてください。

第1戦 カタールGP

カタール、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるカタールGP。

注目ポイントはこの3つ!

  • シーズン開幕戦!
  • 唯一の中東開催!
  • 唯一のナイトレース!

 

シーズンを占う開幕戦ということで各ライダー達は気合い十分に乗り込んできます。

また、カタールの気候や土地柄が他のサーキットにはない特殊なレースを演出することになります。

 

以前は他レースと同様にデイレースで行われていましたが、カタール特有の酷暑を鑑みて現在は唯一のナイトレースとなっています。

さらに問題となるのは砂。コースの周囲は砂漠となっており、風で運ばれた砂がサーキット上に入り込み、グリップやタイヤの消耗に影響を与えます。

カタールGPは日本時間で深夜2時レーススタートと中継を観戦するにはやや苦しい時間ですが、一見の価値は大いに有りです!

第11戦 フィンランドGP

フィンランド、キュミリングで開催されるフィンランドGP。

ここに注目!

  • 2020年シーズンから追加された新GP
  • しかも新サーキット
  • サマーブレイク直前のレース

と、こちらも見所がたくさんあります。

 

やはり新GP&新サーキットということもあり、どのライダーがこのコースを乗りこなすか全く分からないというのが最大のポイント。

既にMotoGPのテストライダーがこのサーキットを試走しており、「タイトで曲がりくねっている箇所と、全速力を求める箇所が混在している」「他とは違うサーキット」というコメントも残しています。

ライダーの技量、マシンのパワーがそれぞれ高いレベルで求められる難コースかもしれません。

第17戦 日本GP

日本GPも外せません!ツインリンクもてぎで開催される日本GP。

  • 日本開催!!現地観戦もできる!!
  • 観戦しやすい日本時間の日中に開催!
  • 優勝決定戦になるケースも!

なんと言っても日本開催最大の良さは現地観戦が非常にしやすいところ。

ヨーロッパ圏では隣国までキャンピングカーでということもありますが、日本からだと海外へ観戦へ行くのはなかなか難しい。。。

その中で最大の観戦チャンスです!私も行きたい。。。

 

レースも日本時間の日中に行われるため中継観戦もしやすいですね。

さらに2018年シーズンでは日本GPで優勝が決定しており、最高の舞台に立ち会える可能性もあるレースです。

最終戦 バレンシアGP

最後はスペイン、バレンシア・サーキットで開催されるバレンシアGP

見どころは

  • シーズン最終戦!!
  • 年間ポイントランキング確定!
  • 全ライダーが全力でベストを取りに行く!

あれ・・・?普段のレースは全力じゃないの・・・??

となりますが、、、レースの展開やポイントランキングの状況によりセーフティ走行(上位を狙わず現在の順位をキープして走る。また転倒しないように走る。)場合もあります。

しかし、最終戦は最後のポイント獲得のチャンス。そしてレース後には年間ランキングが確定します。年間チャンピオン争いが最終戦までもつれることもあり、是が非でもポイントが欲しい展開であることもしばしば。

 

既にポイントランキングが確定している場合は、エキシビションのような感覚もありつつシーズン最後を飾るべく走る、全ライダー全力のレースが見れます!

まとめ

今回は4レースをピックアップしましたが、他の16戦も全て魅力のあるレース。

2020年シーズンは一緒にMotoGP観戦しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました