【マレーシアGP】MotoGP2019第18戦 Q1Q2予選終了、ヤマハ3台がフロントロウ独占、クアッタハッホがコースレコードを更新しポールポジション!マルケスはクラッシュ。

予選速報
スポンサーリンク

予選結果

RankNoNameBikeTimeTime(FP)
120ファビオ・クアッタハッホYamaha01:58.30301:34.844
212マーベリック・ビニャーレスYamaha01:58.40601:28.824
321フランコ・モルビデリYamaha01:58.43201:29.718
443ジャック・ミラーDucati01:58.72501:29.344
535カル・クラッチローHonda01:58.95101:29.325
646バレンティーノ・ロッシYamaha01:59.00001:29.436
742アレックス・リンスSuzuki01:59.09001:29.472
89ダニーロ・ペトルッチDucati01:59.09701:29.327
95ヨハン・ザルコHonda01:59.13901:30.441
104アンドレア・ドヴィツィオーゾDucati01:59.17301:29.320
1193マルク・マルケスHonda01:59.17801:29.421
1263フランチェスコ・バニャイヤDucati01:59.64001:30.426
1336ジョアン・ミルSuzuki01:59.37401:29.875
1441アレイシ・エスパルガロAprilia01:59.43501:29.791
1544ポル・エスパルガロKTM01:59.81201:30.859
1617カレル・アブラハムDucati02:00.07201:29.997
1729アンドレア・イアンノーネAprilia02:00.20501:30.170
1899ホルヘ・ロレンソHonda02:00.47801:30.706
1982ミカ・カリオKTM02:00.64401:30.865
2055ハフィス・シャリーンKTM02:01.04501:30.940

その他特記事項

予選も好調のヤマハ勢はQ2予選のトップ3をヤマハ3台で独占して折り返します。

マルケスは好調ヤマハの中でも、規格外の走りを見せ続けるクアッタハッホを徹底マークして走ります。

一度ピットに入り2回目のコース入り後も、クアッタハッホの後方にピタリとマシンを付けて走行していましたが、マシンがグリップを失いハイサイドでクラッシュ。

クラッシュ後は歩いている姿も見えましたが、クラッシュ時には上体や頭を打っている様子も見えた激しいクラッシュ、決勝レースへの影響が気になるところ。

マルケスは結局11番グリッド、4列目からのスタートとなりました。

 

終了を目前にしビニャーレスが1分58秒406でコースレコードを更新し1番手タイムを出しますが、クアッタハッホはその後ラストアタックで1分58秒303秒と再度コースレコードを更新でポールポジション。

ヤマハのエースビニャーレスと、スーパールーキークアッタハッホの影に隠れる形ですが、モルビデリも1分58秒432と好記録。

ポールのクアッタハッホから、ビニャーレス、モルビデリが続き、フロントロウはヤマハが独占しました。

クアッタハッホはチーム、ファン、そして本人待望の初優勝なるか。別のライダーが待ったをかけるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました